2006年06月21日

角膜

 角膜とは、いわゆる黒目のことです。外のから入ってきた光を屈折させて目の中に光を送り込むレンズの働きをします。
 これに対して、白目のことを“強膜”といいます。
posted by ゆっぴ at 11:01|

2006年06月16日

眼圧検査

 眼圧検査とは、ノンコンタクトトノメーターを用い、眼の表面に空気をあてて眼球の固さ(圧力)を測定する検査です。眼球の固さを眼圧といいます。
posted by ゆっぴ at 13:24|

2006年06月13日

角膜内皮層

 角膜内皮層とは、角膜の一番内側の層です。栄養を角膜実質層に送ったり、不要な水を実質層から出したりする働きをします。
  角膜上皮と違い細胞分裂をしないので、傷がつくと再生しません。
posted by ゆっぴ at 17:26|

角膜上皮層

 角膜上皮層とは、角膜の最も外側の層で、角膜を守るバリアとしての働きをしています。また、外気から酸素を取り入れて、角膜に供給する働きもしています。
 PRKはこの角膜上皮層から削り、視力を矯正する手術です。角膜上皮層には痛みを感じる神経が通っているため、PRKの手術後しばらくは痛みを感じます。
posted by ゆっぴ at 17:14|

角膜実質層

 角膜実質層とは、角膜上皮角膜内皮にはさまれた、角膜の真ん中の部分のことで、角膜の厚みの大半を占めています。
 レーシック
は、この角膜実質層を削り視力を矯正します。角膜実質層には痛みを感じる神経がないので、レーシックで痛みを感じることはありません。
posted by ゆっぴ at 17:02|

2006年06月12日

眼圧

眼圧とは、眼球の張力(眼の硬さ)のことで、mmHgという単位で表します。
ボールやタイヤのチューブは、空気を沢山いれると硬くなり、空気が抜けると硬くなりますが、眼球には空気ではなく水(房水)が入っていて目の中を巡回しています。水分の流れがなんらかの原因でうまく行かなくなった時に眼圧異常が起こります。
レーシックの適応検査では必ず眼圧測定を受けます。眼圧が高い場合は、緑内障の検査を行います。緑内障と診断された場合、レーシックを受けることはできません。
posted by ゆっぴ at 11:22|

2006年06月08日

角膜形状解析装置

角膜形状解析装置とは、レーシック治療に必要な角膜の情報を測定する機械です。
オーブスキャン
OPD-Scan(オーピーディースキャン)
.
posted by ゆっぴ at 17:06|

2006年06月05日

角膜表面麻酔剤

角膜表面麻酔剤とは、パキメータで角膜の厚さを測るときや手術の際に使用する点眼麻酔です。
posted by ゆっぴ at 17:14|

2006年05月25日

角膜上皮

角膜上皮とは、角膜の一番(表面)上の層のこと。 角膜は表面から順番に、上皮、実質、内皮に分かれています。上皮角膜を外気から守るバリアであり、また、外気から酸素を取り入れ、酸素を角膜の細胞に供給します。
posted by ゆっぴ at 15:59|