2006年06月25日

飛蚊症(ひぶんしょう)

 飛蚊症とは、目の前に虫や糸くずのようなものが飛んで見える症状です。生理的な原因(硝子体のコラーゲンの変性など)と、網膜剥離が原因のものとがあります。突然、糸くずや虫が多く見えるようになったときは網膜剥離の可能性があります。

 近視の方に多くみられますが、レーシックを受けて近視が治っても、飛蚊症は 治りません。
posted by ゆっぴ at 21:53|

2006年06月21日

ビタコバール点眼液0.02%

ビタコバール点眼液とは、調節性眼精疲労における微動調節の改善に使用される目薬です。



ビタコバール.jpg
posted by ゆっぴ at 12:17|

ヒアロンサン0.1

 ヒアロンサン0.1とは、角膜の表面の傷を治し、目の乾燥を防ぐ目薬です。ドライアイ、シェーグレン症候群、スティブンス−ジョンソン症候群など対症療法に使用されます。
posted by ゆっぴ at 10:48|

2006年06月12日

PRK(ピーアールケー)

PRK(ピーアールケー)とは、フラップを作成せず角膜の表面(上皮)の中心部に直接エキシマレーザーを照射し、角膜の形を平らにし、術後は保護用コンタクトレンズを角膜の上皮が再生してくるまで3日間ほど装用します。世界的に10年以上行われ続けている手術です。

PRKが適している方

必ずPRKで行って欲しい方
レーシックではフラップがずれてしまう可能性のある、ボクシングなどの格闘技を行っている方
・角膜が足りず、レーシックを行うことができない方

できればPRKで行って欲しい方
レーシックでは一回しか治療ができない角膜厚の方
・再治療の可能性が高い方(近視が進行中の方)
・正常眼圧緑内障が心配な方
・その他、フラップがずれる可能性のある、目への衝撃を受ける可能性のある方。
posted by ゆっぴ at 08:53|

2006年06月11日

ヒンジ

ヒンジとはフラップのつなぎ目部分のことです。
posted by ゆっぴ at 16:34|

2006年06月06日

ピュピロメーター

ピュピロメーターとは、暗いところで、瞳孔が最大どれくらいの大きさか調べる機械です。
posted by ゆっぴ at 17:05|